医療脱毛は痛いけど効果は確か

医療脱毛は痛いけど効果は確か

私が医療脱毛を受けたのは新潟市内にある個人の美容整形外科です。毎月読んでいる地元情報誌に広告が載っており、初回は医院長先生が診察して施術も行うと書いてあり、信頼できると思って電話予約しました。

 

私が脱毛したかった部位は両脇です。春から秋にかけて毎日処理しなければならないのに、カミソリを使うとカミソリ負けを起こして赤くなるし、家庭用脱毛器は痛くて、赤くボツボツができる上に埋没毛ができてしまって自己処理の限界を感じていました。電話予約の際、その旨を伝えると、事前にカミソリで処理してから来るように言われました。

 

予約当日、予約時間よりかなり早くに到着しました。場所はすぐに分かったのですが、いざとなると人の目が気になってなかなか入れないものです。知り合いに会わないようにわざと遠くの医院を選んだし、別に悪いことをする訳ではないので、気にせずサラッと入ったらいいのに、と思う反面、理性とは違う何かが「やっぱり恥ずかしくて入りにくい」と思わせるのです。医院の周りをうろうろしているうちに、正面玄関の反対側にもう一つの出入り口を見つけました。人通りも少ないそちら側から入りました。

 

個人の医院なので中はこじんまりしています。受付の方が1人いるだけで他の患者さんもいませんでした。受付のあとすぐに診察が始まりました。医院長先生は中年の男性ですが気さくな方でした。そしていよいよ施術です。私は元々全身の毛が濃いほうで、処理してもすぐに毛が伸びます。電話で言われたとうり前日の夜にカミソリで処理して来たのですが、すでに2ミリ程毛が伸びていました。

 

それを見て医院長先生から「もう少し綺麗に処理してきたほうが良かったですね」と言われてしまいました。先生の説明によると、レーザーは黒い色に反応してそこに集中的に集まるため、毛が長く残っているとその分レーザーのあたる面積が増えて痛みが増すのだそうです。そうはいってもその場でカミソリで処理する訳にもいかず、医院長先生からは「ちょっと痛いかも…」と心配されながら施術がスタートしました。

 

医院長先生の予想どうり施術はものすごく痛かったです。他の方の体験を読むと「輪ゴムでパチンとされる程度の痛み」と書いておられる方もいましたが、そんなものじゃないです。毛穴に針をぐいっと差し込まれるような激痛で全身に冷や汗が出ました。私があまりに痛がるので両脇10~12発したところで1回目は終了になりました。アイスパックをもらって冷やしながらぐったりしている私に看護師さんから「次回からは施術日の朝に処理してきてくださいね」と言われました。

 

あまりの痛さに2回目行くかどうか迷っていましたが、施術翌日から毛がぽろぽろ抜け始め、2週間ほどすると毛量は半分くらいになり、残っている毛も細くなっていました。1回の施術でこれだけ効果があるなら頑張ろうと思ってその後1ヶ月おきに3回通って終わりました。2回目からはさほど痛みもなく、行くたびに毛が無くなっていくのが嬉かったです。煩わしいカミソリ処理が無くなって今は本当に楽になりました。

 

永久脱毛情報ガイドトップへ